Img_m_fd54ddf4e837c28aad563b64f5373d5b
外に出たがっては無茶をするティッピー(^◇^;)


ティッピーのお話
(2017/06/24 の記事)
の続きになります。

♫•*¨*•.¸¸♪♫•*¨*•.¸¸♪♫

ティッピーのレントゲン写真は今もスマホに保存してあります。
でもさすがにちょっとかわいそうな写真なのでレントゲン画像のアップは控えますね。

…即手術をしないと、余命3ヶ月もたないと宣告されたティッピー。

手術は脚の切断、そして術中術後に命を落とす可能性もある。

愛おしいティッピーの体は、抜けた羽でさえも愛おしいもの。
その愛おしい体の一部を取られるのは悲しすぎる。

だけど、、
手術しないと全てを失う。
…手術しても失うかもしれない。

「手術はしない」と一度は決めたはずなのに、また心が揺らぐ…

何が最善なのか…?

もらってきたレントゲン写真を眺めながら途方に暮れていると……

ん?
んん?

うーん…
これは本当に腫瘍??

痛がっていた脚は、レントゲンを見ても腫れていましたが、その骨の関節部分にうっすらと丸い袋のようなものが写っていました。

こうゆうのどこかで見たことあるんだよなぁ…

そう、自分の歯のレントゲン写真で!

以前に奥歯の治療をしたものがあまり良くなくて、劇痛と腫れに耐えられなくなり他の歯医者で見てもらったところ、根っこに「膿の袋」が出来てしまっていると、レントゲン写真を見せてもらったことがあります。

このティッピーの関節部分、それと全く同じような写りなのです。

素人判断ですが、これは腫瘍じゃなくて、膿の袋なのでは??と疑問を持ち始めたのです。
…腫瘍じゃないと思いたい気持ちもありましたので。。

そして更に見つけちゃったのです!( º言º; )

あれ!?
この羽の付け根のとろこに丸いのあるんだけど??
( º言º; )なんだこれはー?

レントゲン写真では、脚の部分の薄い丸いものより、この羽の付け根にある丸いものの方が目立ちます。

ここにも何かあるじゃない!!
ここの事は何も触れなかった!!
ちゃんと診てるのか!!?(@_@)

その瞬間にその病院への信用をなくしました。

と、同時にやはり手術を決めなくて良かったと思いました。
どの道ここにはティッピーを任せられないわ。
(-_-;)

♫•*¨*•.¸¸♪♫•*¨*•.¸¸♪♫

これはあくまでも主観的な意見ですが、
人間の病院も同じく、
納得がいかない場合は他の病院でも診てもらう。
動物病院もそうです。
実際、鳥を診れる獣医師は少ないです。

ただ診るだけではダメです。
鳥についての知識がきちんとある医師に診てもらいましょう。