Img_m_37e05eb74561e267e173fb1e6a4ec708
※まとめサイトよりお借りしました。


私が子供の頃、
よく飼育されている鳥っていったら

・セキセイインコ
・文鳥
・十姉妹

たまに
・九官鳥

でした。
(年代バレそうですが。笑)

オカメインコはあまり飼ってる人が居なくて、見かけるのは珍しかったです。
初めて見たときは、あのほっぺが可愛くて、頭にある冠羽がモワッと動いたりして、なんて可愛い鳥さんなんでしょ♪と思いました(o^^o)

それ以外の鳥は動物園などで見るものと思ってました。笑

十姉妹(ジュウシマツ)といったら、茶色の斑模様か白い子で、飼ってる人はたいてい手乗りにはせず複数羽での飼育でしたね。
というのも、十姉妹は子育て上手でどんどん増えてしまうから複数羽になってしまうようです。

巣の中でみんなが重なって入ってる姿はとても可愛いものでした(o^^o)

現在は、セキセイインコ、文鳥はお迎えしてる方も多く、白い文鳥は“お餅”みたいな姿が人気ですね♪
オカメインコも増えました♪
そしてもっと大型のインコやオウムなども増えましたね(*’▽’*)
その他、子供の頃には見たことのない多くの種類の鳥が増えました。

——————–
余談ですが、某所で獣医学部を作る作らないの揉め事がありますね。
世界的に通用する未来の獣医さんを養成するのは大いに結構なのですが、
これだけ多くの種類の鳥が飼われるようになったので、犬、猫と同じように鳥についても学んでいただきたいと思います。
それには失礼ではありますが、古い考えの講師の寄せ集めでは無理ではないかと私は思うのです。

現代のペット事情は “ 犬=猫>鳥 ” ではなく、
“ 犬=猫=鳥 ” になったと私は考えています。
——————–

と、話は戻りますが、
十姉妹のグッズを探してもあまり見つからないです。
やはり今はあまり飼われている方は少ないのですかね?
ちょっと前から気になっています。