Img_m_42400ecd80c0db69a7a2087371fdaec1

昨年11月にお迎えしたエルサ。
ようやく来月で1歳になろうとしているところです(o^^o)

この子は今まで飼った中で一番と言ってもいいほどのビビリちゃんで、
手乗りどころか、掃除などで手がくるだけでパサパサと逃げ回ってます。
ショップでは何羽かの鳥ちゃんと同じ籠に入って育ってきたので、
いきなりひとりになって不安だったのでしょうね。。

当初は餌を食べるのも大変でした。
下の餌箱に行けないのです。怖くて(^^;
食べれないとかわいそうなので、上の段に小さい餌箱をつけてあげてました。

そろそろ大丈夫かな?と上の餌箱を外したところ、
下に恐る恐る降りてくるようになったのですが、
食べ方が…異様な慌てっぷりです!いつでも逃げれるようにと(^^;
(あ、食べてる♪)なんてチラッと見ようものなら、慌てて上に逃げます(^^;

今ではチラ見くらいでは逃げなくなり、ゆっくり食べているので、
やっと環境には少し慣れたようですが、
ベランダの洗濯物が風で揺れたり、カーテンが揺れたりするだけでビビってます(^^;

さてそんなエルちゃんですが、気になることがありました。

小鳥ちゃんを飼ってる方ならよく見る仕草だと思うのですが、
毛繕いのときに、尻尾の付け根をカジカジしてその後頭をスリスリする仕草。
割と早い段階で誰に教わるわけでもなく自然としますよね?

それはその尻尾の付け根から脂が出て、それを羽に塗る動作です。
その脂が防水になったりと、鳥ちゃんたちには必要なものなのです。

ところがエルちゃん、脂が出ないのか?知らないのか?
全くそれをしませんでした。
そのため、毛並みが他の子と比べるとフワフワ、パサパサしてる感じでした。
ヒヨコみたいで可愛いですけど?脂の腺が詰まってるとかだったら大変。

先月くらいからでしょうか、やっとその仕草をするようになりました。
初めて見た時は嬉しかったです。
「エルちゃん!脂出るようになったんだね♪」と声かけてあげました。
(ん?なに?)って顔してましたが…

ひとつ安心…ε-(´∀`; )