昔、実家で初めてセキセイインコを飼った時、
手乗りでしたが不慮の事故で亡くして以来、
小鳥ちゃんは手乗りじゃなくてもいいと思ってました。

なのでティッピーも飼った時に店員さんは(これだけ育っているので)手乗りにするのは難しい、
と言ってたので、カゴから出すつもりは無かったのです。

ティッピーはショップで売れ残っていた子のようです。
飼うと決めて誓約書などにサインする時になって言われたのが、
過去の病歴の欄に「下痢」と書かれていて(現在は完治)、
雛の時にそれがあって他の子たちと別にし、店頭に出さず裏で療養していたと。
その為、人には慣れています、でも手乗りではありませんと。

他の子たちはみんな売れてしまったよう。
少し育ってしまった人懐こいティッピー。

近寄ると喜んでガーガーと変な声出して指を噛んでくる。
そしてかまってほしいと裏返しのポーズをしてこっちをチラッと見る。
それだけですごく可愛かった(о´∀`о)

ある日、カゴの出入り口前でティッピーがウロウロ…
(外に出たいの?)
開けてあげると、ポンッと出てきて喜んでるので、
指を差し出すと、ポンッと乗ってきて喜んでる。

ありゃ?
慣らしてないのに勝手に手乗りになった(^^;
隣の部屋に行くと追いかけて飛んでくる。
手を出して「ティッピー!」と呼ぶと飛んできてとまる。
なんて可愛い子なんでしょう(*´꒳`*)

そしてティッピーは、他の鳥ちゃん見せても全く知らんぷりです。
とにかく人が好きでしたね。